事業用ライセンス

 

 

平成30年4月スタートに向け準備中

 

ドローンの業務利用

まずは建設分野から。

ドローンは今や空撮業務のみならず土木・測量、農業分野、インフラメンテナンス分野、警備分野、物流分野、災害対策分野や周辺産業など、多くの業界で活用され始めています。
土木・測量業界では人手不足による工事単価の高騰などの課題をIoT(Internet of Things:モノのインターネット)技術により解消しようと国が推進しており、国土交通省では、「ICT の全面的な活用(ICT 土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取組である i-Construction (アイ・コンストラクション)を進めています。

 

 

 

i-Construction におけるドローンの役割

ドローンが仕事にどう関わるのか。

一般的な土木工事は測量・設計、施工計画、施工、検査の順番で行われます。この工程の中で特にドローンの活用が進んでいるのが測量分野です。i-Construction ではドローンで撮影し処理した測量データを三次元の図面として活用することにより、生産の効率化を図っています。
これまでの測量といえば人の手で行うか、航空機を用いるかといった選択肢がありましたが、時間やコストがかかってしまうことが課題でした。これを解決するのがドローンです。
またドローンは出来形管理にも活用されます。施工後の建造物を測定し、設計図通りのものか確認することができるのです。

 

 

 

ドローン操縦者と測量士

測量士と、二人三脚で。

ドローンを用いた測量について国土交通省の「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」や「公共測量におけるUAVの仕様に関する安全基準(案)」において、ドローンを操縦し写真・レーザー測量を行う者は測量士・測量士補の資格を保持している必要はないと述べられています。
しかし業務に行うにあたり必要な知識や技術はあります。操縦については離着陸時を除き自動運航を行うことが原則とされていますが、測量に必要な知識や専用ソフトウェアの操作方法、土木工事の流れやドローンの役割をしっかりと確認しておくことが必要です。

※UAV = Unmanned Aerial Vehicle(無人航空機)の略

 

 

 

Pix4D と SiTE-Scope

くっつけ、間引き、仕上げていく。

ドローンで撮影した写真は、どのように測量データとして処理するのでしょうか。
本学では三次元形状復元(SfM)を行うソフトウェアとして、Pix4D を導入しています。また三次元点群編集、土量集計、出来形集計ソフトウェアとしては建設システム社の SiTE-Scope を導入。これにより撮影から三次元形状復元、編集、集計としった一連の流れを全て学ぶことができます。
またこの処理方法を活用することにより三次元の立体モデルも作成することができ、測量分野だけではなく多くの業界での応用が可能となっています。

訓練フィールド

さあ、見渡す限りのすべてへ。

私たちのドローン飛行訓練フィールドは、廃校となった中学校(旧・穴水町立向洋中学校)です。穴水町のご厚意により廃校の有効利用としてお借りした校舎を訓練フィールドとして整備しました。

屋外訓練フィールドのグラウンドは幅100m、奥行き200m以上のスペースが有り、さらに海に面した立地を活用しそのまま海上での飛行も可能です。広々とした訓練フィールドであなたはストレスなく訓練に集中できることでしょう。ドローンの応用操縦技術の導入で必須となる目視内かつ遠距離の飛行においても、あなたの目視可能な距離を知り位置感覚を掴む上で重要となることでしょう。

屋内訓練フィールドの体育館は、もちろん全天候型。雨や雪の多い石川県で、体育館まるごとひとつを自由に貸し切ってドローン飛行訓練ができる場所は日本航空大学校ドローンパイロットスクール以外にありません。また目視外飛行や夜間飛行、物件投下など、屋外では制限がある飛行方法も屋内で合法かつ安全に訓練を行うことができます。

 

 

 

実習で使用する機体

トイドローンから、業務用機材まで。

 

 

 

周辺環境

まいもんの里、穴水町。

日本航空大学校ドローンパイロットスクールが訓練を行う日本航空学園・向洋キャンパス(旧・穴水町立向洋中学校)は、人口集中地区や空港周辺空域から離れ、あまり多くの制限がかからない地域です。
穴水町は「まいもんの里(美味いものの里)」ともよばれ、春は「いさざ」、夏は「さざえ」、秋は「能登牛」、冬は「牡蠣」と四季を通して美味しいものに巡り会える街。

周辺には「ボラ待ちやぐら」という、天文学者パーシバル・ローエルが著書「NOTO」の中で「怪鳥ロックの巣のようだ」と表現した漁業用のやぐらがあり、観光名所となっています。また穏やかで栄養豊富な湾は釣り人にも人気があり、昼夜を問わず多くの方が釣り糸を垂らしています。

日本航空大学校ドローンパイロットスクールに受講申込をされた皆様には、宿泊や食事の案内が記載された周辺の観光地図(穴水町公式)を事前に送付させていただきます。

 

 

 

 

あなたが事業用ドローンパイロット(航空測量)になるための費用

256,000円(税込)/6日間

受講費用には以下が含まれます。

  • 座学講習費
  • 実技講習費
  • ログブック/お一人様につき1冊
  • オリジナルパイロットウェア
  • ライセンス発行費
  • 事務手数料等

 

平成30年4月スタートに向け準備中